にきび跡をレーザー治療で解消|ツルスベ肌に大変身

治療の種類と原因

医師

クリニックで最新治療

にきび跡ができてしまったら、美容皮膚科クリニックで治してもらうことができます。美容皮膚科は最新のにきび治療ができる医療機関です。レーザーマシンを駆使すれば、シミのようなにきび跡でも綺麗に消すことができます。レーザーはシミやいぼやほくろを取る治療にも使われていて、症状が軽い場合は一回の照射で完治できます。レーザー以外ではフォトフェイシャルやケミカルピーリングもにきび跡に効果的です。フォトフェイシャルは顔全体の美肌効果がある光治療器です。にきび跡、くすみ、赤ら顔、毛穴のひらきなどを一気に改善できます。ケミカルピーリングはターンオーバーを促進させることで、にきび跡を体外に排出させる治療です。

タイプ別の治療法

にきび跡の種類には、赤み茶色クレーターなどがあります。赤みタイプのにきび跡は、にきび跡の初期の段階です。皮下で毛細血管が形成されて、その影響で赤くなります。たいていは1か月ほど経過するとなくなっていきます。赤みタイプが長引くと、茶色タイプのにきび跡になることがあります。これは紫外線の影響でメラニン細部が発生してしまうためです。ほとんどシミと変わりないので、クリニックのレーザー治療で消すことができます。もっとも重症のにきび跡がクレータータイプです。クレーター状になると真皮層まで破壊されている状態なので、クリニックで治療するしかなくなります。クレーターもレーザーやフォトフェイシャル、ケミカルピーリングなどで目立たなくできます。