にきび跡をレーザー治療で解消|ツルスベ肌に大変身

効果がある人気の治療

医者

炭酸ガスによる治療

にきび跡は、どんなに自分でケアをしてもなかなか治療できないことが多いです。美容皮膚科では、そんなにきび跡を解消する方法として炭酸ガスレーザーがあります。この炭酸ガスレーザーとは、水分に吸収されやすいレーザーをにきび跡に照射するものです。レーザーがにきび跡の角を削ってくれるので、肌を滑らかにする効果があります。数回にわけて治療を受け続けることで、にきび跡が目立たなくなります。施術後は、患部はかさぶた状態になります。患部は繊細な状態なので、数週間くらいはガーゼで患部をケアする必要があります。また、この炭酸ガスには、毛穴に詰まった皮脂を除去したり、殺菌する効果もあります。なので、新たなニキビの発生を防ぐ作用もあります。痛みもなく、気軽に受けられるのでおすすめです。

施術後に注意すること

にきび跡をきれいに解消できるとして、炭酸ガスレーザー治療は人気です。確実に肌をきれいにできるのですが、施術後にはいくつか注意点が有ります。まず一つ目は、施術後は今まで以上に肌の保湿ケアを十分に行うことです。その理由は、レーザー治療後の肌はとても乾燥しやすい状態だからです。きちんと保湿をしないと、小じわ、肌荒れなどの肌トラブルに繋がります。その他の注意点は、絶対に治療後の1ヶ月くらいは日焼けはしないことです。というのも、施術後の患部は外部からの刺激に脆く、紫外線の影響を受けやすいです。日焼けをしてしまうと、シミ、色素沈着、シワなどにつながります。なので、外出時は日焼け止め、日傘などの紫外線対策は必須です。