にきび跡をレーザー治療で解消|ツルスベ肌に大変身

日頃のケアと事前の準備

お団子頭の女性

にきびケアが重要

にきび跡を改善させる方法としてレーザー治療があります。レーザーなら肌の奥からケアすることができ、クレーターのようなにきび跡でも綺麗な肌に戻すこともできます。レーザー治療があることで、気になる症状を改善させることができるのですが、にきびを作らないケアが重要です。にきびができてしまっては、にきび跡の原因ともなり、またレーザー治療を受けなければいけないといったことが起こります。これでは肌にも経済的にも大きな負担になります。レーザー治療を繰り返さないためにも、スキンケアや栄養バランス、睡眠など、自宅ケアが大切になります。にきび跡ケアを考えている人は、まずにきびを作らない環境を整ていくことが、今後のにきび跡ケアに重要です。

施術の前には保冷剤を

にきび跡は、レーザー治療を受けることにより短期間で改善させることができます。レーザーを照射することで、新しい細胞に生まれ変わらせ、にきび跡を改善させるといった治療方法です。この治療方法は、一時的にとはいえ、肌に負担を与えます。そのため、綺麗な肌に生まれ変わるまでの間は、軽い痛みを感じたり、腫れを伴う人もいます。施術後の肌のケアのために、保冷剤を準備していくことをおすすめします。施術後では顔にカーゼや保護テープなどをしていることもあり、あまり外出をしたくないという人もいます。施術後に外出しなくてもいいように、事前に準備できるものは用意することが大切です。軽い痛みを伴う時には保冷剤で冷やすことで、痛みを軽減することもできます。保冷材は何かと役立ちます。