にきび跡をレーザー治療で解消|ツルスベ肌に大変身

効果がある人気の治療

医者

炭酸ガスレーザーは、にきび跡の治療に有効といわれています。炭酸ガスには水分に吸収される仕組みが有り、にきび跡の角を削って肌をきれいにしてくれます。痛みも感じないので、ストレスなく施術を受けることができます。

View Detail

日頃のケアと事前の準備

お団子頭の女性

にきび跡を改善させるためにはレーザー治療が有効です。しかし、この治療を受ける前には日頃のケアや事前の準備も大切です。にきびを作らないケアをし、施術後のことも考えて事前準備をしておくことで、安心してにきび跡治療をすることができます。

View Detail

簡単に治せる治療

女性

中学生くらいにできたニキビの跡が残っていて、悩んでいるという方が多くいます。そんなにきび跡を効果的に治療する方法として、ブリッジセラピーがあります。このにきび跡治療方法は、お肌に炭酸ガスレーザーを点状に照射する施術です。肌の奥まで炭酸ガスレーザーを届けることで、皮膚細胞の代謝を促すことができます。また、レーザーの熱の力で、真皮層でのコラーゲンの生成を促すこともできます。その結果、今まで窪んでいた皮膚がふっくらと盛り上がっていきます。一度の治療で、にきび跡が解消されます。このレーザーによる治療の利点は、皮膚を全く切らずに済むことです。そのため、精神的にも肉体的にも気楽に施術を受けることができます。

ブリッジセラピーは、にきび跡を効果的に治療する方法です。しかし、施術後には、肌表面が傷ついてとてもデリケートな状態になります。なので、治療後1週間ほどはガーゼなどで患部を保護する事が大事です。もしもガーゼをしない状態で生活すると、患部に汚れや雑菌などが付きやすくなります。そうなると、肌のバリア機能が正常に機能していないので、肌トラブルに繋がります。したがって、必ずガーゼでケアする事が大事です。その他の注意点は、外出時は必ず紫外線対策を行うことです。施術後は非常に肌が弱い状態なので、紫外線を受けると色素沈着などに繋がります。よって、帽子をかぶる、日焼け止めを塗る、日傘をさすなどの日焼け対策は大事です。

治療の種類と原因

医師

にきびが収まったあとにしつこく残るのがにきび跡です。赤み程度であればセルフケアを続けて治すことができます。シミのように色素沈着になったり、クレーター状になったりしたら美容皮膚科でのレーザー治療がお勧めです。

View Detail